一人親方労災保険とは?

元請会社から労災加入を求められる職人さんが急増

国が管理運営する、労働者災害補償保険法に基づく保険制度です。

一人親方とは、事業主ではあるが従業員を雇用せず、一人で仕事を請け負っている経営者のことです。
つまり一般的に雇用されて働く労働者ではない為、労働者のように労災保険が適用されません

そこで国は、労働者に準じて業務上の災害から保護すべき、この方々のために、一人親方の労災保険特別加入制度を設けています。

加入と近年の傾向について

建設業においては、建設現場に入る際に元請会社が、下請会社や一人親方に労災保険(特別加入)の加入状況を確認し、未加入の場合に即時加入を求められるケースが増えています。

一人親方労災保険への加入は、当組合のような一人親方労災保険の組合、団体への加入が必要となります。
当事務所では、組合費が安く、対応が迅速で手続が簡単な建設業の一人親方労災保険の団体を設け加入を受け付けております。希望者には加入者証を発行致します(発行費用は無料)。

※ バイク便、個人貨物運送業、個人タクシー等の運送事業者の一人親方労災保険の加入も受付けておりますので、お手数ですが詳しくはお問合せ下さい。

運送事業の独立ドライバーの方はこちら
一人親方労災保険
バイク便、個人貨物運送業、個人タクシー等の独立ドライバー向け一人親方労災保険

給付補償内容

一定の要件を満たし労働災害と認められる事故について、療養(補償)給付とし治療費が給付され、休業(補償)給付、障害(補償)給付、傷病(補償)給付、遺族(補償)給付等、労働者に準じて保障されます。

ページ先頭へ