建設業の労災の仕組み

建設現場では、元請会社の労災を使う?

建設業においての労災保険は、建設現場で個々の下請会社を独立した事業として取り扱いません。
各下請会社を元請会社と一体とみなし、一つの事業体として取り扱われます
この事業体(建設現場)の労災保険加入手続きは元請会社が行う事になっています。

従って現場作業にかかわる事故が起きた場合、元請会社、下請会社に使用される全ての労働者は、元請会社が加入する労災保険で補償され、保険料の納付や加入手続等の義務も原則、元請会社が負う仕組みになっています。(雇用保険、事務所労災、社会保険等は個々の会社で手続きや保険料の納付が必要です)

なお、労災保険は労働者の業務上、通勤途上の災害について給付を行うものであり、労働者ではない各会社の中小事業主や、一人親方は元請会社の加入する労災保険では補償されません。

各会社の中小事業主や一人親方においては、労災特別加入制度を利用する事で労災給付を受ける事ができます
この労災保険の特別加入については一定の加入条件を満たす必要がありますので、下の図をご確認ください。

建設現場での労災関係と特別加入の条件

×事業主】に当てはまる中小事業主

特別加入するには、以下の条件が必要となります。

  • 自らが元請となって行う工事について労災加入している事
  • 当事務所のような労働保険事務組合に事務委託している事

労働者】に当てはまる方

元請会社が加入する労災保険で補償されます。

一人親方】に当てはまる方

特別加入するには、以下の条件が必要となります。

  • 一人親方である事
  • 当事務所のような一人親方の労災を取り扱う団体、組合に加入する事

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

ページ先頭へ