一人親方労災の費用について

入会金0円!会費も1,000円(月換算)だけ!

建設業一人親方労災保険の費用について

国で決められた全国統一の保険料率と給付基礎日額を用いて計算します
この給付基礎日額とは、保険給付額を計算する際の基礎となるもので、3,500円~25,000円の中で選ぶ事ができます。

給付基礎日額を高く設定すれば保険料も高くなりますが、補償される給付額も高くなります。
病院での労災治療は、選択した日額に関係なく給付(療養(補償)給付)を受けられ、無料で治療できます。

一人親方労災の加入にも入会金は頂きません!

当事務所において希望者が一番多い日額3,500円の場合、今年度の保険料率で計算しますと、保険料の月負担額は2,014円です。
入会金不要で建設業一人親方の会費は全国最安値級の月換算で1,000円(税別)ですので、合わせて一カ月の負担は約3,014円の費用で加入する事が出来ます。(費用は月払いではなく、加入月から年度末(3月)までの分を一括納付となります。)詳細は下記の表へ。

加入される月別の年度末までの費用表(今年度保険料率)

加入される月別の年度末までの費用表(25年度保険料率)4月~9月
加入月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
保険料 24,263円 22,249円 20,216円 18,202円 16,169円 14,155円
会費
(税別)
12,000円 11,000円 10,000円 9,000円 8,000円 7,000円
合計額 36,263円 33,249円 30,216円 27,202円 24,169円 21,155円
加入される月別の年度末までの費用表(25年度保険料率)10月~3月
加入月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
保険料 12,122円 10,108円 8,075円 6,061円 4,028円 2,014円
会費
(税別)
6,000円 5,000円 4,000円 3,000円 2,000円 1,000円
合計額 18,122円 15,108円 12,075円 9,061円 6,028円 3,014円

会費は税別

3,500円以外の給付基礎日額の保険料を詳しくお知りになりたい方は、お問合せフォーム、メール、電話、FAXでお気軽にお問合せ下さい。

ページ先頭へ