労働保険事務組合とは

事務委託でメリットいっぱい!

事業主の委託を受けて、事業主が行うべき労働保険の事務を処理することについて、厚生労働大臣の認可を受けた団体です。
当事務所は労働保険事務組合の認可を受けております。

事務委託をするメリット

労働保険の事務手続きが楽になる

労働保険料の申告・納付等の労働保険事務を、事業主に代わって処理しますので、事務の手間が省け、人件費の削減も期待できます。

保険料の分割納付が可能(年3回)

事務組合に委託していない会社は、概算保険料が一定額以上でないと分納できません。

事業主様も労災に加入できる

本来、加入できない事業主様や役員、家族従業員も労災保険に特別加入することが出来ます。
この制度を利用する為に、労働保険事務組合に事務を委託したという事業主様もいらっしゃいます。

委託できる事業主

委託できる事業主
業種 労働者数
金融・保険・不動産・小売業 50人以下
卸売・サービス業 100人以下
その他の事業 300人以下

当事務所に委託できる、従業員を雇う中小事業の地域範囲

埼玉県、東京都、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県の事業所です。

※基本的にはご訪問せずやりとり、お付き合いさせて頂きますが、当事務所からの訪問が必要なご契約、ご委託に関しては地域の限定や、別途費用のご相談をさせて頂く場合がございます。

※一人親方の取扱い範囲については、当事務所までお問合せ下さい。

労働保険事務組合と社会保険労務士のサービスの違い

当事務所は社会保険労務士事務所も併設しております。

労働保険事務組合と社会保険労務士のサービスの違い
当事務所 労働保険事務組合 社会保険労務士

労働保険事務組合

社会保険労務士

委託費用
労災の特別加入 ×
労働保険料の分納
労災・雇用保険の給付請求 ×
社会保険手続き ×
労務管理相談 ×

ページ先頭へ